単独飼い? 多頭飼い?

群れで暮らす生き物も多い自然界。フクロモモンガに最適な飼い方はどうでしょうか?

フクロモモンガは群れで暮らす生き物

フクロモモンガは、オスを中心に、その伴侶のメス、子供たちでグループを作って行動する生き物です。
家族構成には、血縁外の個体が数匹混じることもあります。

縄張り意識が強く、他のグループが縄張りに踏み入れると喧嘩になることがあります。

 

単独で飼う場合

群れで暮らす生き物なので、出来る限りは多頭飼いをおすすめします。

どうしても単独で飼う場合は、飼い主=群れの仲間として、めいいっぱいモモンガに構ってあげてください。
忙しいからとモモンガを放置してしまうと、寂しさでストレスを溜めて、自咬症などの病気になりやすくなります。

単独で飼うなら、飼い主の愛情が一番大切な栄養です。

 

多頭飼いの場合

最初から複数飼う場合

最初から複数匹を同じケージで飼い始めると、仲良くなる可能性が高いです。

オスとメスのペアが相性が良いのですが、子供がたくさん生まれる場合があるので、責任を取れないようであれば止めましょう。
去勢出来る病院があるなら検討しても良いです。オスの場合は臭いが軽減されたり自咬症がおさまるケースもあるようなので、病院のお医者さんとよく相談した上で検討しましょう。

オス同士は縄張り争いで喧嘩になることがあります。
喧嘩になるようであれば、別々のケージで飼ったほうが良いです。

メス同士はオス同士よりは喧嘩が少ないですが、相性問題はどうしても出てくるので、同じく喧嘩になるようであれば、別々のケージで飼ったほうが良いです。

同じケージで複数飼いたい場合は、最初から喧嘩のない子同士で多頭飼いするのが一番です。
ブリーダーさんから購入する場合は、同じケージで赤ちゃんを育てているケースもあるので、様子を見て喧嘩をしていない子を選びましょう。

1つのケージで多頭飼いをする場合は、ケージが狭すぎないよう、フクロモモンガの数に合わせた大きさのケージを用意してあげてくださいね。

後から増やす場合

先住のフクロモモンガと相性が良いかどうかは飼ってみなければわからないので、段階を踏んで確認しましょう。

最初は別々のケージで飼うことをお勧めします。
少しづつケージの距離を縮めてにおいを慣れさせてみたり、玩具やポーチなどを交互に交換させて、相手の臭いを覚えさせて慣れさせます。

慣れたようなら、先住モモンガと、新しく飼い始めたモモンガを会わせてみます。
喧嘩をするようならば、また離してもう少し様子を見ましょう。

なかなか慣れないようであれば、1つのケージで飼うのは諦めたほうが良いです。
モモンガがストレスを溜めないように、十分注意してあげてください。

喧嘩をしないようであれば、1つのケージに同居させて、暫くは喧嘩をしないか、餌を食べているかなど、よく様子を見てあげてください。

 

我が家のケース

右が先住モモンガ、左が1ヶ月後に増やした子です。

右の子には姉妹が居たのですが、病弱だったらしく、1週間ほどで亡くなってしまい、さみしそうにしていたので急遽新しい子を増やしました。

右の子はおっとり気味で、左の子は物怖じしない性格のようです。
左の子が右の子に構って攻撃をして、たまに「うざい」と威嚇されている程度で、喧嘩をしているところは見たことがありません。
メス同士ですが、仲良く同じケージで暮らしています。