フクロモモンガの鳴き声

フクロモモンガは、案外鳴き声が豊富です。

仲間を呼ぶ時の声

「アンアン!」あるいは「キャンキャン!」という風に聞こえる鳴き声。

これは仲間を呼んだり、自分の居場所を教える鳴き声と言われています。

この声、小さな体からどうやって出るの?と思うくらい、結構大きな鳴き声です。
甲高いので余計に響くのかもしれません。
階が違っていたり、ドアを締めていても聞こえます。マンションなどで飼育を考えている場合は注意が必要なポイント。

 

警戒や威嚇の時の声

「ギョリギョリ!」あるいは「ギリギリ!」という風に聞こえる鳴き声。

初めて聞く場合はびっくりするかもしれません。

ブリーダーさんが上手く慣らしている場合を除けば、大抵は飼い始めに聞く声ではないかと思います。
新しい環境、新しい飼い主に対して警戒してよく鳴きます。
よほど警戒している時は、後ろ足で立って、両手を広げて鳴きます。

また、慣れた後でも、寝ているところに指を突っ込むなど、脅かしてしまった場合などもこんな鳴き声をすることがあります。

フクロモモンガはストレスに弱いので、あまりこの鳴き声は聞きたくないものですね。

 

嬉しい時の声

嬉しい時は「プププ」という風に聞こえる鳴き声、満足している時は「ククク」という風に聞こえる鳴き声。

好物を与えた時によく耳にしますが、私にはあまりこの違いがわかりませんw
うちの子は「クックック」と鳴きます。

 

喧嘩をしている時や不満な時の声

「チッ」と甲高い声で鳴きます。

餌を他の個体に奪われたり、寝起きにちょっかい掛けられると、よくこの鳴き声を上げています。